船舶免許を取りたい人へ

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

船舶免許は正式には、小型船舶操縦士免許といわれる国家資格なのです。エンジン付きのボートやヨット、水上バイクを乗る場合に船舶免許は必要となってきます。マリンスポーツ好きには是非取得したい免許です。船舶免許を取得することで、遊びの幅が広がるのです。

ヤマハボート免許教室などでは、学科講習やWebで受講できるオンラインコースもあり。実技試験免除コースなどもあるために、社会人で資格を取りたい人にも優しい資格といえます。船舶免許には、一級小型操縦士免許、二級小型船船舶操縦士免許、特殊小型船舶操縦士免許、二級小型船舶操縦士免許など4種類あります。免許の種類で、操作できる船の大きさや、出向できる場所が決まってきます。

指定区域のみで動かせたら良いのならば2級で十分です。陸から4キロ以内を走りたい人は、特殊小型船の免許が必要です。水上オートバイを乗りたい人は、特殊が必要といえます。免許を得るためには資格の年齢を満たす必要があるので、18歳以上が条件となります。

矯正視力が0.5以上である必要があり、これは矯正後でも大丈夫です。夜間においても船舶の灯火が識別できないといけないので、色覚の検査もあります。張力も5メートル以上の距離で話せるかがカギとなります。補聴器があっても大丈夫です。

身体機能に障害があったとしても、支障がないと判断された場合は指定付きで免許を取得することができます。身体検査・学科試験・実技試験を受けて、初めて取得が可能となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です