船舶免許の種類と取得について

船舶免許は正式名称は「小型船舶操縦士免許」と呼ばれる国家資格で、ボート免許と呼ばれることもあります。エンジンのついた船やヨットなどを操縦するときに必要なもので、いくつかの種類があります。海でフィッシングやクルージングを楽しむなら、1級(2級)船舶免許(小型船舶免許1級または2級)を取得し、水上オートバイに乗りたいなら水上バイク免許を取ります。操船できる航行区域や船の大きさが異なり水上バイクは陸岸から2海里、1級では平水区域または海岸から5海里ですが、1級になると外洋に出ることができます。

操船できる船の総トン数は、小型船舶の免許は水上オートバイですが、1級や2級は20トン未満。ただし1級免許でも18歳未満の場合は5トン未満に限定され、18歳を迎えると20tを操船できるようになります。受験条件は2級と水上バイクは満15歳9か月で、1級を受験できるのは万17歳9か月からです。視力は矯正後でもよいので両眼とも0.5以上で、基本的に夜間に船舶の灯火の色を識別できる色覚が必要とされます。

5メートル以上の距離で普通の大きさの声が弁別できることも条件ですが、補聴器を使ってもOKです。民間のマリーナなどで免許の講習会に参加すれば、受講後に国家試験を受けることができるし、実技試験免除コースを受ければ身体検査や学科試験だけで合格となります。講習は内容や免許種類によって異なりますが、2日~4日くらいが多く、web教材でオンラインで学べるコースもあります。講習費用はさまざまですが、一例として2級小型船舶免許だとレギュラーコースで10万円前後で、実技試験免除だともう少し高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です