小型船舶免許の種類とジェットスキー免許の取得方法

船舶免許にはいくつかの種類がありますが、その中でもジェットスキーや水上バイクと呼ばれる乗り物の操縦を目的としているのが特殊小型船舶免許です。この免許があれば、ジェットスキー、パーソナルウォータークラフト、マリンジェットなどと呼ばれる乗り物の操縦が可能になります。小型船舶免許にはクルーザーやヨットなどの運行が出来るものありますが、これを持っていてもジェットスキーの操縦は出来ないと規定されされています。そのため、1級や2級の小型船舶免許を持っている人もジェットスキーを操縦するなら改めて免許を取得する必要があります。

ジェットスキー免許は独学でも取得可能です。試験内容は学科試験と実技試験に分かれており、合否判定には身体検査も必須です。学科試験についてはテキストなどを用いれば独学でも合格出来ますが、実技試験では実際にジェットスキーの操縦や点検作業などをやって見せなければなりません。そのため、実際のジェットスキーが用意できない方は操縦方法が学べるDVDなどを用いてトレーニングする必要があります。

よって、実技のトレーニング環境がない方はジェットスキー免許専用の教習コースの受講が便利です。このコースを受講すれば数時間の受講で必要なスキルが身につくためとても効率的です。また、ジェットスキー免許の国家試験免除の教習コースもあるので、これを選べば教習終了後すぐに修了試験の受験も可能となります。国家試験や修了試験で一定のレベルに達していれば合格となりますが、免許の交付までには一定の日数が必要になります。

そのため、実際に操縦する日程が決まっている場合はスケジュールに余裕を持って教習や試験を受ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です