ジェットスキー免許をとるには

ジェットスキー免許は特殊小型船舶を操縦するために必要となる免許で、海や湖などでジェットスキーを走らせたいという場合には取得しておく必要があります。水上バイクにも色々なものがあり、1人乗りのものもあれば複数名が乗れるタイプのもの、スポーツタイプと呼ばれる速度に魅力があるものなどがあります。これらを運転してアクティビティを楽しみたいなら、ジェットスキー免許を取得するのがお勧めです。ジェットスキー免許を取得するために役に立つのがボートの教習所で、教習所では学科と実技を学ぶことができるようになっています。

これらの教習を受けて試験を受けて、合格すると免許が手に入り、海や川・湖などでジェットスキーを楽しむことが可能です。ジェットスキー免許の教習コースは1日から2日程度で取得可能なものが多くありますが、学科や実技の時間数などはそれぞれの教習所やコースによって異なります。国家試験を受ける必要があるものと、教習所の修了試験を受けて合格すれば免許が取れるもの、大きく分けると2つのパターンがあります。費用を抑えて教習を受けたい、という場合に向いているのは国家試験を受験するタイプのものがおすすめです。

ジェットスキー免許は16歳以上の人が取得することができますが、教習自体は16歳前であっても受講できることがあります。もし早く教習を受けて16歳になったらすぐに免許を取りたいという場合には、利用したい教習所でいつから受講できるか確認しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です