ジェットスキー免許の特徴や取る方法

マリンレジャーとして人気のジェットスキーは爽快感があり水上を自由に走れる開放的な乗り物ですが、海で楽しむためにはジェットスキー免許が必要です。ジェットスキーを乗るのに欠かせないこの免許は、特殊小型船舶操縦士免許が正式名称で、特殊小型免許とも呼ばれることがあります。この免許を持っていればジェットスキーを操縦することができ、海の上でスリルと爽快感を味わいつつ楽しむことができるでしょう。ジェットスキー免許を取得するためには、教習所に通って教習を受けたり試験を受けたりする必要があります。

自動車の教習所ほど一般には知られていませんが、ジェットスキーに乗るための講習に対応している教習所は各地に存在しています。これらを利用するとジェットスキー免許を取得するために役立つはずです。教習所で行われている講習には大きく分けて2つの種類があります。その1つは国家試験を受験しなくても良いタイプのもの、そしてもう1つは自分で国家試験を受験するタイプのものです。

これらの違いは車の教習所と同じようなもので、教習のみで免許取得を目指すコースでも修了試験があり合格する必要があります。コースの種類や費用は、それぞれの教習所によって異なります。できるだけ費用を抑えてジェットスキー免許を取りたいという場合には、国家試験を受けるタイプのコースを選ぶとよいでしょう。しかしどちらの場合でも比較的、短期間で取得が目指せるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です