ジェットスキー免許が特殊なものである理由とは

ジェットスキー免許はモーターボートなどを操縦することができる小型船舶免許とは異なり、正式には特殊小型船舶免許と言われているものです。自動車の免許と名称が似ているため、小型船舶免許を取得すれば自動的に付加されるものと考えられている面もありますが、現実には独立したものとなっており、小型船舶免許を取得していてもジェットスキーを操縦することができません。その理由は操縦の方法が全く異なると言う点にもありますが、それ以上に操縦する環境の違いが大きな要因となっています。一般的にジェットスキーは海水浴場のそばや湖の湖畔など、岸に近い浅瀬で利用する乗り物となっています。

そのため、比較的人間がそばに存在し、接近する可能性も高いことが特徴です。そのため、より安全に利用するためには確実にルールを守って操縦しなければならず、一般の船舶とは異なる危険が伴うことが少なくありません。その知識を十分に習得するとともに、危険回避技術を身に付けなければならないことから、あえて独自の免許となっており実技試験や学科試験に合格して初めて免許が与えられる仕組みとなっているのが特徴です。ジェットスキー免許はそのため取得する際に小型船舶免許とは異なる内容を習得しなければならず、学習をしてこれを十分に身に付けなければなりません。

ジェットスキー免許を取得する際にはその内容を十分に理解し、また安全に操縦することを意識しながら学習することが大切なポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です