ジェットスキー免許の取得方法

マリンスポーツの中でも人気なのが、ジェットスキーです。自分でも乗って遊びたいという人もいますが、遊ぶためには免許が必要となります。ジェットスキー免許を取得するためには、一般財団法人日本船舶職員養成協会・ヤマハボード免許教室・ライセンススクール&マリンショップの三通りの窓口から申し込むことが可能です。ジェットスキー免許の正しい名称は、特殊小型船舶操縦士免許といいます。

ジェットスキーだけではなく、水上バイク・マリンジェットの水上オートバイと呼ばれるものと、特殊小型船舶を操船するための免許です。1級・2級の免許を持っていたとしても、この免許がなければジェットスキーを乗ることはできなくなってします。ジェットスキー免許を取得する資格は、満15歳9ヶ月以上の矯正視力が両目とも0.6以上、夜間でも船舶の灯火を認識できる、5mの距離で話声語の弁別ができることが受験資格となっています。免許取得の流れとしては、学科講習と実技講習を1日行い、翌日に国家試験の2日間コースと最短1日で取得できる独学コースを選べます。

学科では試験に出させる操縦者の心得や遵守事項、交通の方法や運行について学び、実技講習では実際にジェットスキーに乗って乗り方や点検方法、ロープワークを習います。ジェットスキーは、300馬力以上もパワーのあるマシンが主流となっています。そのため安全性などを考慮した上で乗らなければ、事故につながってしまうためジェットスキー免許を取得す際にきちんと勉強をして事故を起こさないように心がけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です