ジェットスキー免許の取得は難しいのか

ジェットスキー免許は正しくは特殊小型船舶免許と呼ばれます。もちろん勉強をしなければ取得はできませんが、そう難しいものではありません。車の場合の原付や普通自動車免許と同じくらいと考えるとわかりやすいでしょう。ただし命に関わるものなので、しっかりと講習・実技試験を受けて海上に出る必要があります。

ジェットスキー免許の取得には、身体検査が必須です。まず視力があることです。基準としては、両眼とも矯正していても良いので0.5以上、赤色、白色、緑色の光が分かること、また一般的な声量の話し声が聞こえることが基準となっています。視力に関しても聴力に関しても、ほとんどの方は問題ないでしょう。

他に操縦にあたって疾病のある、ないや支障が出るような身体に障害がないことも基準です。ジェットスキー免許の取得には学科と実技試験の2つがあり、学科には国家試験を受験する受験コースと、受験しない教習コースがあります。どちらも実際の試験内容は一緒になるため、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。受験コースは、当日までオンラインなどで自分で勉強して挑むものになります。

教習コースは文字通り、先生による教習を受けた後で試験に臨むものになります。その前に自分で勉強をしていると、さらに楽にはなりますが、教習があると安心な人にはこちらがおすすめかもしれません。いずれにしろ難易度は高くなく、合格率も高いです。ジェットスキー免許のための実技試験は、実際の乗って決められたコースを運転するものです。

これも試験の前にスクールで予習をしていくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です