需要の高い特殊小型船舶免許

by:

船舶免許費用資格/習い事

小型船舶免許系の免許は、1級2級のものと、特殊と大きく分けると2つあります。小型船舶の操縦が出来る一般的な方は、1級と2級がありますがその違いはどこまで行けるのかという海里の違いが主です。では特殊とつくものは何が特殊なのかというと、水上バイクの操縦が出来るという免許になっています。自動車運転免許を持っているけれど、バイクはバイクでとらなくてはならないということと同じような感覚で考えていけばよいでしょう。

つまり、1級2級の小型船舶免許を持っていたとしても、水上バイクの操縦をする場合は特殊小型船舶免許を取得しなければならないということです。もしこれから1級か2級の小型船舶免許を取得しようと考えている方は、オプションなどで一緒にとることが出来る教習所もありますので、それも検討してみると良いでしょう。後で必要になったら取りに行くということも一つの手段ではありますが、わざわざとりにいく手間の事を考えると一度にとれてしまうのであれば、そこで取得してしまう方が効率が良いと考えられます。水上バイクは購入するということも出来ますし、自分で管理するのは大変ではありますが乗る頻度が高い方は其方が良いです。

しかしそこまでの頻度で乗らないし、維持するのが大変ということであればレンタルという方法もありますので検討してみると良いでしょう。レンタルであればかなり気軽に乗ることが出来ますし、メンテナンスなども必要ありません。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です