水上バイクを操縦するために必要な船舶免許とは

by:

船舶免許費用資格/習い事

水上バイクは海岸や湖畔などで気軽に利用することができるものとなっており、そのスピード感と爽快感から非常に人気が高まっている乗り物です。安全に十分に配慮をして決められた場所で利用することで、日ごろ味わえない様々な水の上を動き回る醍醐味を味わうことができるものですが、これを操縦するためには船舶免許が必要となり、そのためには所定の講義と実技を習得しなければなりません。水上バイクを操縦することができる船舶免許は、特殊小型船舶免許と言うもので、これは水上バイクやジェットスキーのために新設されたものとなっています。そのため一般的な小型クルーザやモーターボートなどの船舶を操縦する事はできないほか、その範囲も限定されているため注意をすることが必要です。

既に小型船舶免許を持っていると言う人でも、水上バイクを操縦することはできないので、この点にも注意が必要となります。水上バイクやジェットスキーは一般の船舶とは異なり、操縦方法やその危険度が全く違うものとなっています。特に海岸近くを孝行することができるため、その意識が低いと大事故を引き起こす危険性が高いのもポイントです。一般的に船舶の場合には一定の深さのある沖合を航行することが通常で、またその速度もそれほど速くはないため比較的危険度が低いと考えられますが、水上バイクやジェットスキーの場合には高速で海岸を航行することができるのが特徴であることから、利用方法によっては危険度が高まることが予想されます。

そのため、独立したカリキュラムで安全に運行する方法を習得する必要があるものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です