船舶免許の魅力と特徴

by:

船舶免許費用資格/習い事

釣りをはじめとしたマリンレジャーを充実させたいという場合には、船舶免許を取得するのが良いかも知れません。いくつかの種類があるボート関連の免許の中でも最も人気があるのは、2級の船舶免許です。この資格を持っていれば沿岸から5海里までの間を航行することができます。沿岸から9.26キロメートル程のところまで行くことができますので、本土から近い島の場合にはこちらの免許があればボートで行くことが出来るようになるでしょう。

2級よりも上位の資格となるのが、1級の船舶免許です。大きな違いは航行可能なエリアにあります。2級の場合には5海里までという制限がありましたが、1級になると基本的に無制限となります。そのため資格だけでいうと、全ての海域に出かけることが可能です。

憧れのカジキ釣りに行ってみたい、という夢がある場合にはその憧れを現実にする一歩として1級の船舶免許を取得するのも良いかも知れません。とはいえ免許を持っているだけでは、そこまで遠くに行くことは出来ないことは知っておきたいところです。例えば沿岸から100海里を超える場合には、機関士も一緒に船に乗っていなければなりませんので自分一人で船で出かけるとなると岸からおよそ185.2キロメートルのところまでという制限があります。2級には湖川小出力限定の船舶免許もありますが、こちらは湖や川でのみ利用できるものです。

川や湖で釣りをするためだけにボートに乗りたい人に向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です