船舶免許の費用について

by:

船舶免許費用資格/習い事

船舶免許の取得に掛かる費用は最大でも10万円が目安で、一度取得すれば5年間は有効ということを考えると、十分に取得を検討する価値があるといえます。10万円を5年で割ると1日あたり60円未満の計算となりますから、仮にもし免許を取得して5年のうちに船舶に乗ることがないとしても、公的な身分証明書として活用できるので元が取れます。年に1回でも船舶を操縦すれば更に早く元が取れますし、船舶免許の価値が活かせるので一石二鳥になります。10万円というのはあくまでも1級の目安なので、2級や特殊小型船舶免許ならもっと少ない費用で取得を目指すことが可能です。

ちなみに有効期限は更新によって5年延長できますから、忘れずに更新すれば失効と再交付を繰り返さずに済みます。船舶免許の更新は取得に掛かる費用と比べると格段に安いので、5年目以降の免許の維持費用はかなり下がることになります。持っているだけで何か良いことがあるというわけではないですが、就職などの際に資格欄に書くことができたり、海好きの人と会話ができるといったメリットはあります。資格が活かせる職業なら転職に有利ですし、船舶免許は高校生になれば取得できますから、早めに取得すればそれだけ何かとメリットになることが考えられます。

どう活かすかは自分次第ですが、取得に要する費用は決して安くないので、資格取得を目指すなら有効活用や元を取る方法を検討することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です